消防テクノスホームページ

古い消火器は危険です!市報わかやま平成25年10月号

 市報わかやまに掲載されている『お知らせ』を見られた御近所様より古い消火器の回収をご依頼頂きました。


古い消火器は危険です!市報わかやま平成25年10月号」より

furui-shoukaki.png

 「老朽化し腐食が進んだ消火器の破裂による人身事故が、全国で発生しています。老朽化した消火器はレバー操作や解体をすると、とても危険です。不要な消火器については、購入店で引き取ってもらう(有料)か、消火器リサイクル推進センター(TEL03-5829-6773)(平日9時〜12時・13時〜17時))へお問い合わせ下さい。リサイクルも有料です▼問合先=消防局予防課TEL427-0119」


古い消火器の廃棄処分は
『特定窓口』の消防テクノスにおませ下さい。


和歌山市内なら古い消火器1本から
お客様のお宅や会社まで
回収・処分におうかがいします!


 ここ数日の間に『市報わかやま』を見られたという方々より当社に古い消火器の処分についてご相談のお電話を頂きました。古い消火器は破裂等の危険性があります。
 消防テクノスなら当社での御購入の有無に関わらず古い消火器をお引き取りさせて頂きますのでお気軽にご連絡下さい。

■消防設備点検・工事、防火対象物点検は和歌山市の消防テクノスへ
 ホームページ http://www.shoubo-technos.co.jp/
posted by 消防テクノス株式会社 at 20:54 | 和歌山 ☁ | Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

消防設備の修繕(和歌山県内の学校)

 和歌山県内の学校で消防設備の修繕をさせて頂きました。 消防設備点検で確認された不良箇所の修繕です。

 修繕内容として....

 ・自動火災報知器の不作動感知器の取替
 ・誘導灯バッテリーの取替
 ・消火器の使用方法等の表示板類の貼り替え、取付
 ・消火器格納箱の取替

 などなどです。

 自動火災報知設備の感知器取替は高所もあり、慎重に(というかビビリながら)作業しました。 

kanchiki-syuzen.jpg
高所の光電式スポット型感知器(煙感知器)を取替

 私自身、高いところは決して得意な方じゃありませんが、高所作業はビビリながらぐらいの方が慎重になっていいのでは...と思います。 「猿も木から落ちる」なんてこともありますので、もし、このブログを見て頂いている同業者の方々がいらっしゃいましたら、お互い安全第一でがんばりましょう。 安全帯は忘れずに。

 消防設備点検後の不良箇所修繕は、ぜひ消防テクノスにご相談下さい。
当社が消防設備点検をしていない事業所様におかれましてもお気軽に修繕のご相談いただけたら幸いです。

 ご依頼頂いたお客様からは、「いつもの業者よりも安くなって良かった」「丁寧に作業してもらえた」と言う声も多々いただいておりますので、まずは御見積をご依頼いただけたらと思います。


■消防設備点検・工事、防火対象物点検は和歌山市の消防テクノスへ
 ホームページ http://www.shoubo-technos.co.jp/
posted by 消防テクノス株式会社 at 21:42 | 和歌山 ☀ | Comment(0) | 消防設備工事と修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

消防ホース耐圧試験(大阪府内ホテル)

 大阪府内のホテルで屋内消火栓設備の消防ホース耐圧試験をさせて頂きました。 製造年より10年を経過した屋内消火栓設備、屋外消火栓設備、連結送水管、動力消防ポンプなどで使用されている消防ホースは耐圧試験の実施が消防法で義務づけられています。

 ※10年経過後の耐圧試験後も3年ごとに耐圧試験の実施が必要なので注意が必要です※

 『耐圧試験』と聞くと何か物々しい感じがしますが、耐圧試験機は比較的コンパクトで移動も可能なのでホースが設置されている場所のわずかなスペースで試験を実施することができます。

hotel-taiatu.jpg
消防ホース耐圧試験機

耐圧試験の実施後は、実施の有無がわかるように実施済の表示を貼らせて頂いています。

 今回のホテルでは、各階の屋内消火栓箱前でホースの耐圧試験を実施させて頂きました。
作業の注意点としてホテルを利用するお客様の邪魔にならないように、朝のチェックアウト後からお昼のチェックインまでの時間を中心に作業させて頂きました。

 ホテルの設備担当者様のご協力もあり、スムーズに作業を終える事が出来ました。

 和歌山県、大阪府南部で消火栓ホースの耐圧試験を検討されている事業所様は、ぜひ消防テクノスにご相談ください。

 当社では、自社スタッフが消防ホースの耐圧試験作業をいたしますので、下請け業者、協力業者に任せてしまう業者様に比べ耐圧試験料金も低価格だと思います。 御見積りのご依頼お待ちしております。

■消防設備点検・工事、防火対象物点検は和歌山市の消防テクノスへ
 ホームページ http://www.shoubo-technos.co.jp/
posted by 消防テクノス株式会社 at 20:59 | 和歌山 ☀ | Comment(0) | 消防設備点検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

屋内消火栓設備の消火配管漏水改修工事

 屋内消火栓設備の消火配管漏水工事を行っている現場で消火配管の引きなおし工事が完了しました。 改修箇所に問題がないか確認するため、消火栓弁から放水試験し新設した消火配管の漏水の有無と放水圧力・放水量が規定範囲内であるかをテストしました。

 その結果、無事新設配管部分からの漏水もなく、ピトーテスター2台を使用した2栓同時放水での問題ありませんでした。ホッとする一瞬です(^-^) まだ、消防検査が控えていますが...ドキドキ

 今回の漏水箇所は地中に埋め込まれた消火配管(地中埋設配管)からの漏水で、屋外に消火ポンプ室がある場合や複数の棟がある建物では消火配管の一部を地中埋設とする場合が多々あります。 地中埋設配管はどうしても腐食などが起きやすいようで、消防設備点検でも確認される不備の一つでもあります。 そして何と言ってもやっかいです...

 今回の改修工事では、今後のこともあり出来る限り地中埋設を露出に切り替えるような工事になっています。 施工上地中埋設もいたしかたありませんが、やはり配管が見えているといないのでは安心感がちがいます。何かあったときのメンテも容易いですし、改修コストも低く抑えられますので。


屋内消火栓使用方法.jpg
上の写真は屋内消火栓設備の使用方法の表示シールです。

屋内消火栓箱の扉や消火栓箱内に必ず貼り付けられていますので、今一度御確認下さい。
いざというときの備えが重要です。 私自身も心がけたいと思っています。

和歌山県、大阪府南部で屋内消火栓設備の改修・点検等がございましたら、消防テクノスにご相談ください。

■消防設備点検・工事、防火対象物点検は和歌山市の消防テクノスへ
 ホームページ http://www.shoubo-technos.co.jp/
posted by 消防テクノス株式会社 at 21:43 | 和歌山 ☁ | Comment(0) | 消防設備工事と修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

消火器耐圧試験等の省令改正

和歌山市の消防設備業者、消防テクノス株式会社です。

2011年に消火器耐圧試験等について省令改正等が行われました。
大きく変わったポイントは以下のとおりです。

【改正点1】 消火器耐圧試験義務化
2011年4月1日から、製造後10年を経過した消火器は耐圧性能試験(水圧試験)が必要となりました。製造後10年を経過した消火器がある場合、消火器耐圧試験を行うか、新品に交換するかの対応が必要です。また、耐圧試験を行う場合は、3年毎に実施する必要があります。

ABC粉末4型加圧式消火器.bmp

消防テクノスでは、消火器耐圧試験について、3年毎の耐圧試験と新品交換の費用を比較し、新品に交換することをおすすめしています。
ただし、大型消火器(車載式消火器)の場合、種類によっては耐圧試験を行う方が費用面で新品交換よりもお安くなる場合がありますので、詳しくは当社担当者までご連絡下さい。
(073−479−3777高木まで)


【改正点2】 消火器の型式失効
2011年1月1日から、消火器の表示ラベルの規格が変更になりました。
規格改正により2022年からは旧形式の消火器は設置不可となります。

※型式失効とは、機器の形状等が規格に適合しなくなり、型式承認の効力を失うことを
いいます。型式失効となった消火器は原則的に建物内に設置しておく事ができません。


腐食消火器.jpg
破裂事故の原因となる腐食、変形等のある不良消火器はすみやかに交換が必要です


【改正点3】 リサイクルシール有料化
2011年1月1日から、リサイクルシールが有料となりました。

消火器リサイクルシール


2011年から上記のように消火器について大幅に消防法令等が改正されました。
和歌山県、大阪府南部で消火器の交換等について検討中のお客様は、ぜひ消防テクノスに御相談下さい。御見積り無料で誠心誠意対応させていただきます。


■消防設備点検・工事、防火対象物点検は和歌山市の消防テクノスへ
 ホームページ http://www.shoubo-technos.co.jp/
posted by 消防テクノス株式会社 at 17:32 | 和歌山 ☀ | Comment(0) | 消防法改正・消防庁通達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住宅用火災警報器の普及状況

和歌山市の消防設備業者、消防テクノス株式会社です。

総務省消防庁によると、全国4906万世帯の住宅用火災警報器の推計普及率が2010年12月時点で63.6%となっているそうです。

和歌山市周辺の市町村でも既存住宅への住宅用火災警報器の設置は取り付け期限が2011年(平成23年)5月31日までと迫っています。

消防庁のまとめでは、2007〜2009年の失火による住宅火災100件当たりの死者数は、警報器未設置の住宅で7・5人に対し、設置住宅は4・7人と実際に住宅用火災警報器の効果が表れていますので、まだ設置されていないご家庭は早急に設置していただきたいと思います。

◎住宅用火災警報器の事なら消防テクノスへ
和歌山市周辺のご家庭で、「自分で警報器を付けるのが不安」「どのような警報器を付けたらいいのかわからい」「住宅用火災警報器の取り付けを専門業者にいらいしたい」などございましたら、消防テクノスへ御相談下さい。

住宅用火災警報器HP.jpg
↑住宅用火災警報器のホームページもご覧ください↑


■消防設備点検・工事、防火対象物点検は和歌山市の消防テクノスへ
 ホームページ http://www.shoubo-technos.co.jp/
posted by 消防テクノス株式会社 at 10:40 | 和歌山 ☀ | Comment(0) | 消防設備機器・防災用品販売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

消防テクノスを動画(youtube)でご紹介

和歌山市の消防設備業者、消防テクノス株式会社です。

消防テクノスの動画を作って、youtubeに投稿してみました。
和歌山県や大阪府南部のみなさまに少しでも消防テクノスのことを知っていただけたらという思いでやってみました。つたない動画ですが、ご覧いただけると幸いです。
不出来な動画ですので、あまりにも評判が悪い場合は容赦なく削除したいと思います(笑)
それまでに一度は見てやってください(作成スタッフ一同)


■消防テクノス株式会社の動画



■消防設備点検・工事、防火対象物点検は和歌山市の消防テクノスへ
 ホームページ http://www.shoubo-technos.co.jp/
posted by 消防テクノス株式会社 at 00:53 | 和歌山 ☁ | Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和歌山県紀南地方での防火対象物定期点検

和歌山県紀南地方での防火対象物定期点検

和歌山紀南地方にある飲食店の防火対象物点検にに行きました。今回点検させていただいた飲食店は宴会場などもあり、収容人員が300人以上となるため、防火対象物定期点検を実施する必要があります。


■防火対象物定期点検が必要な建物
特定防火対象物(主に不特定の人が利用する建物) で建物全体の収容人員が300人以上のもの。又は、収容人数が30人以上かつ、地階または3階以上の階に特定用途部分があり屋内階段が一つの建物。

■防火対象物定期点検の実施期間
防火対象物定期点検(1年に1回以上)
有資格者(防火対象物点検資格者)が行い、その結果を建物の関係者が消防長又は消防署長に報告しなければなりません。


消防訓練や自主権検査の実施状況などを防火管理者の方に確認しながら点検を進めさせていただきました。防火管理維持台帳など消防書類関係も整えられていましたので、スムーズに点検をすることができました。

消防テクノスでは、消防設備点検はもちろんのこと、防火対象物定期点検につきましても対応させていただいておりますので、和歌山県・大阪府南部で防火対象物定期点検を御検討中のお客様はお気軽に当社に御相談下さい。経験豊富な有資格者が誠心誠意対応させて頂きます。


■消防設備点検・工事、防火対象物点検は和歌山市の消防テクノスへ
 ホームページ http://www.shoubo-technos.co.jp/
posted by 消防テクノス株式会社 at 21:46 | 和歌山 ☁ | Comment(0) | 防火対象物定期点検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和歌山市内飲食店の消防設備点検

和歌山市にある飲食店の消防設備点検に行きました。

■消防設備点検詳細
 ・消火器
 ・自動火災報知設備
 ・誘導灯

お客様の御要望により、営業時間外に点検作業をさせていただきました。

消防テクノスでは、消防設備点検を実施するにあたり、出来る限りお客様の要望にお応えしたいと考えています。実施する時間帯や曜日など御指定がございましたら担当者までお気軽にお申し付け下さい。

和歌山県・大阪府南部で消防設備点検を御検討中のお客様はお気軽に当社に御相談下さい。経験豊富な有資格者(消防設備士)が誠心誠意対応させて頂きます。


■消防設備点検・工事、防火対象物点検は和歌山市の消防テクノスへ
 ホームページ http://www.shoubo-technos.co.jp/
posted by 消防テクノス株式会社 at 06:15 | 和歌山 ☀ | Comment(0) | 消防設備点検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スプリンクラー設備の消防検査

和歌山市の消防設備業者、消防テクノス株式会社です。

スプリンクラー設備改修工事が完了した大阪府内の施設で消防署担当者の方々立ち会いのもと消防検査が行われました。


スプリンクラーヘッドと集熱板
スプリンクラーヘッドと集熱板

スプリンクラーヘッドに散水障害がないかなど外観的な部分の検査から、連動テストなど機能的な試験まで一通り行い無事消防検査に合格しました。

お客様にも喜んでいただき安心しました。

消防テクノスでは消火設備、警報設備、誘導灯、避難器具などあらゆる消防設備工事を良心価格にて対応させて頂きます。万が一のための工事賠償責任保険にも加入しておりますので安心して当社にお任せください。


■和歌山と南大阪の消防設備点検・消防設備工事は和歌山市の消防テクノス株式会社におまかせ下さい!消防機器・防災設備・防災用品も良心価格で販売しております。

消防テクノスホームページ
http://www.shoubo-technos.co.jp/
消防設備に関する情報満載です!

※当社にご相談頂ければ消防設備に関する費用・料金に関して納得いただけるお答えができると思います。


※消防テクノスなら業務経験と所有資格が豊富だから安心です!
当社所有資格:消防設備士−甲種特類,甲種1類〜5類,乙種6類,7類,電気工事士,管工事施工管理技士,危険物取扱者,防火対象物点検資格者,消防設備点検資格者(第一種),消防設備点検資格者(第二種),甲種防火管理者,高所作業車運転技能ほか


※消防テクノスは、和歌山市を中心に岩出市・紀の川市・かつらぎ町・橋本市・海南市など和歌山県内各地や大阪南部で消防設備点検や消防設備工事を行っております。消防設備のことで疑問・質問がございましたら、お気軽に当社へ御相談下さい。
posted by 消防テクノス株式会社 at 06:04 | 和歌山 ☀ | Comment(0) | 消防設備工事と修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。