消防テクノスホームページ

和歌山県紀南地方での防火対象物定期点検

和歌山県紀南地方での防火対象物定期点検

和歌山紀南地方にある飲食店の防火対象物点検にに行きました。今回点検させていただいた飲食店は宴会場などもあり、収容人員が300人以上となるため、防火対象物定期点検を実施する必要があります。


■防火対象物定期点検が必要な建物
特定防火対象物(主に不特定の人が利用する建物) で建物全体の収容人員が300人以上のもの。又は、収容人数が30人以上かつ、地階または3階以上の階に特定用途部分があり屋内階段が一つの建物。

■防火対象物定期点検の実施期間
防火対象物定期点検(1年に1回以上)
有資格者(防火対象物点検資格者)が行い、その結果を建物の関係者が消防長又は消防署長に報告しなければなりません。


消防訓練や自主権検査の実施状況などを防火管理者の方に確認しながら点検を進めさせていただきました。防火管理維持台帳など消防書類関係も整えられていましたので、スムーズに点検をすることができました。

消防テクノスでは、消防設備点検はもちろんのこと、防火対象物定期点検につきましても対応させていただいておりますので、和歌山県・大阪府南部で防火対象物定期点検を御検討中のお客様はお気軽に当社に御相談下さい。経験豊富な有資格者が誠心誠意対応させて頂きます。


■消防設備点検・工事、防火対象物点検は和歌山市の消防テクノスへ
 ホームページ http://www.shoubo-technos.co.jp/
posted by 消防テクノス株式会社 at 21:46 | 和歌山 ☁ | Comment(0) | 防火対象物定期点検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。