消防テクノスホームページ

消防法令違反対象物公表制度 平成29年4月から

消防法令違反対象物公表制度がはじまります。

b06.gif

和歌山市では平成29年4月から、防火安全について市民の皆さんが判断できるよう、消防法令違反対象物公表制度にもとづいて消防法違反の情報が公表されることとなりました。

■公表の対象
飲食店,百貨店など不特定多数の方が出入りする建物で、屋内消火栓設備,スプリンクラー設備,自動火災報知設備が未設置であるものが対象となります

■公表方法
和歌山市消防局のホームページに掲載

■和歌山市の消防設備改修、消防設備点検、消防設備工事についてのご相談は消防テクノスへ
 消防テクノスホームページ http://www.shoubo-technos.co.jp/


posted by 消防テクノス株式会社 at 09:11 | 和歌山 ☁ | 消防法改正・消防庁通達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホテル・旅館等に対する『表示制度』が開始されます

和歌山市の消防設備業者の消防テクノスです。

ホテル・旅館等の表示制度

消防法令のほか、重要な建築構造等に関する基準に適合している建物の情報を利用者に提供する「表示制度」が開始されます。(平成26年4月1日から受付・審査)

3年間連続して表示基準に適合していると認められる場合は、「表示マーク(金)」(有効期間3年間)が交付されます。

■表示制度とは?
ホテル・旅館等の関係者からの申請に基づき、消防機関が審査した結果、消防法令のほか、重要な建築構造等に関する基準に適合していると認められた建物に対して、消防機関から表示マークを交付する制度です。

■対象となる建物は?
3階建て以上で収容人員が、30名以上のホテル・旅館等(複合用途の建物内にホテル・旅館等がある場合を含む。)が対象です。
※表示開始時期や対象となる建物は、消防機関によって異なる場合があるので、お近くの消防機関にお問い合わせ下さい。


■表示制度の申請・交付の流れ

1)申請:表示マークの申請
表示マークの交付(更新)を希望する場合、ホテル・旅館等の関係者は「表示マークの交付(更新)申請書」に以下の書類を添えて管轄の消防機関に申請して下さい。

[申請に必要な書類]
@防火対象物(防災管理)点検結果報告書
A消防用設備等(特殊消防用設備等)点検結果報告書
B製造所等定期点検記録表
C特殊建物等定期調査報告書
Dその他消防機関が必要と認める書類

2)審査:表示基準の審査
消防機関は、ホテル・旅館等の関係者からの申請書と添付書類に基づき、建物が表示基準に適合していることを申請します。

[表示基準]
・消防法令の基準(防火管理の実施状況、消防用設備等の設置状況及び危険物施設等)に適合していること
・検知器基準法例の基準(構造・防火区画・階段・避難施設等)に適合していること。

3)交付
・表示マーク(銀)の交付

表示マーク(銀)

消防機関による審査の結果、表示基準に適合していると認められる場合は、「表示マーク(銀)」(有効期間1年間)が交付されます。

・表示マーク(金)の交付

表示マーク(金)

3年連続して、表示基準に適合していると認められる場合は、「表示マーク(金)」(有効期間3年間)が交付されます。

※表示マークの交付を受けた関係者は、表示マークを建物やホームページに提出して防火安全情報を利用者に提供することができます。


■消防設備点検・工事、防火対象物点検は和歌山市の消防テクノスへ
 ホームページ http://www.shoubo-technos.co.jp/
posted by 消防テクノス株式会社 at 12:59 | 和歌山 ☀ | Comment(0) | 消防法改正・消防庁通達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

消火器耐圧試験等の省令改正

和歌山市の消防設備業者、消防テクノス株式会社です。

2011年に消火器耐圧試験等について省令改正等が行われました。
大きく変わったポイントは以下のとおりです。

【改正点1】 消火器耐圧試験義務化
2011年4月1日から、製造後10年を経過した消火器は耐圧性能試験(水圧試験)が必要となりました。製造後10年を経過した消火器がある場合、消火器耐圧試験を行うか、新品に交換するかの対応が必要です。また、耐圧試験を行う場合は、3年毎に実施する必要があります。

ABC粉末4型加圧式消火器.bmp

消防テクノスでは、消火器耐圧試験について、3年毎の耐圧試験と新品交換の費用を比較し、新品に交換することをおすすめしています。
ただし、大型消火器(車載式消火器)の場合、種類によっては耐圧試験を行う方が費用面で新品交換よりもお安くなる場合がありますので、詳しくは当社担当者までご連絡下さい。
(073−479−3777高木まで)


【改正点2】 消火器の型式失効
2011年1月1日から、消火器の表示ラベルの規格が変更になりました。
規格改正により2022年からは旧形式の消火器は設置不可となります。

※型式失効とは、機器の形状等が規格に適合しなくなり、型式承認の効力を失うことを
いいます。型式失効となった消火器は原則的に建物内に設置しておく事ができません。


腐食消火器.jpg
破裂事故の原因となる腐食、変形等のある不良消火器はすみやかに交換が必要です


【改正点3】 リサイクルシール有料化
2011年1月1日から、リサイクルシールが有料となりました。

消火器リサイクルシール


2011年から上記のように消火器について大幅に消防法令等が改正されました。
和歌山県、大阪府南部で消火器の交換等について検討中のお客様は、ぜひ消防テクノスに御相談下さい。御見積り無料で誠心誠意対応させていただきます。


■消防設備点検・工事、防火対象物点検は和歌山市の消防テクノスへ
 ホームページ http://www.shoubo-technos.co.jp/
posted by 消防テクノス株式会社 at 17:32 | 和歌山 ☀ | Comment(0) | 消防法改正・消防庁通達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カラオケ店・個室ビデオ店の消防法改正

和歌山市の消防設備業者、消防テクノス株式会社です。

平成19年1月に兵庫県宝塚市のカラオケ店にて火災が発生しましたが、この事故をふまえてカラオケ店・個室ビデオ店・インターネットカフェなどについて自動火災報知設備を延べ面積に関わらず全ての施設に設置しなければならないようになりました。

この法令改正は、平成20年7月2日に公布されたものですが、その後も平成20年10月1日に大阪市浪速区の個室ビデオ店「試写室キャッツなんば店」で16人が死亡した放火事件が起きるなど、類似した施設への自動火災報知設備の強化が重要な課題となっています。既存施設には猶予期間がありますが、一刻も早く自動火災報知設備の設置をしていただきたいと思います。

■カラオケ店・個室ビデオ店・インターネットカフェなどへの自動火災報知設備設置義務が強化・拡大(平成20年10月1日施行)

新築施設 ・・・ 平成20年10月 1日より
         全ての施設に自動火災報知設備を設置しなければなりません

既存施設 ・・・ 平成22年 3月31日までに
         全ての施設に自動火災報知設備を設置しなければなりません

カラオケ店・個室ビデオ店の消防法改正
※ただし、既存建物については猶予期間があります


今回の消防法令改正で対象となる施設は、『カラオケ店(カラオケボックス)』『個室ビデオ店』『インターネットカフェ』『テレホンクラブ』『マンガ喫茶』『その他個室において、インターネットを利用させ又はマンガを閲覧させる役務を提供する義務を営む店舗等』で、延べ面積に関わらず全ての施設に自動火災報知設備の設置が必要です。つまり建物の大小を問わず、これらに類似する施設については自動火災報知設備の設置が必要です。

  ■改正前の基準 ・・・ 延べ面積300u以上の施設に設置義務

  ■改正後の基準 ・・・ 延べ面積に関わらず、全ての施設に設置義務

また、カラオケボックス等の音響が聞き取りにくい場所においては、その警報音が、他の警報音又は騒音と区別して聞き取ることができるように措置がされていなければなりません。

消防テクノスでは、消防法改正に適合するように自動火災報知設備をはじめとする消防設備の点検・工事をさせていただいております。所轄消防署への問い合わせ等につきましても当社で行わせていただきますので、和歌山市ならびに大阪南部のお客様は是非当社に御相談・御依頼下さい。

■和歌山と南大阪の消防設備業務は和歌山市の消防テクノス株式会社におまかせ下さい!消防機器・防災用品も良心価格で販売しております。
 http://www.shoubo-technos.co.jp/

※当社にご相談頂ければ消防設備に関する費用・料金に関して納得いただけるお答えができると思います。
posted by 消防テクノス株式会社 at 09:41 | 和歌山 ☔ | Comment(0) | 消防法改正・消防庁通達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

消防用ホース個別検定の不正行為

和歌山市の消防設備業者、消防テクノス株式会社です。

たいへん残念なことですが、芦森工業製消防用ホースの国家検定時に不正行為が行われていました。総務省消防庁予防課からも以下のように通知されています。

■消防用ホースに係る個別検定時の不正行為に関する対応について
『消防用ホースについては、消防法に基づく検定が行われているところですが、製造事業者である芦森工業株式会社において、個別検定時に不正行為が行われていたことが判明しました。 このことを受け、当面の対応として、同社の消防用ホースの内張りの剥離による通水障害、漏水等の発生に留意し、耐圧性が確保されていることを点検するなど安全管理の徹底を図られますようお願いします。』

平成20年10月現在、メーカーの対応方法については明らかになっていないようです。アシモリ製の消防用ホースを設置されている事業所様につきましては、今後何らかの対応があるかも知れませんのでご注意下さい。

芦森工業株式会社のホームページ
http://www.ashimori.co.jp/

消防テクノスでは屋内消火栓設備、屋外消火栓設備等で使用される消防用ホースを多数取り扱っております。また、製造年より10年を経過した消防ホースに義務づけられている耐圧試験に付きましても良心価格にて実施させていただきますので、是非ご利用下さい。

■和歌山と南大阪の消防設備業務は和歌山市の消防テクノス株式会社におまかせ下さい!消防機器・防災用品も良心価格で販売しております。
 http://www.shoubo-technos.co.jp/

※当社にご相談頂ければ消防設備に関する費用・料金に関して納得いただけるお答えができると思います。
posted by 消防テクノス株式会社 at 07:53 | 和歌山 ☔ | Comment(0) | 消防法改正・消防庁通達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。