消防テクノスホームページ

報知器オフで書類送検=3人死亡アパート火災

2016年(平成28年)1月8日、消防設備点検を怠っていたアパートで火災が起きました。

「昨年(2015年)1月、神戸市長田区のアパートで3人が死亡した火災で、兵庫県警捜査1課などは8日、火災報知器の電源を切っていたとして、過失致死容疑でこのアパートに住む無職の男(56)=神戸市=を書類送検した。

 また、報知器の点検を怠った業務上過失致死容疑で管理会社の男性社長(61)=大阪府吹田市=も書類送検。いずれも容疑を認めているという。

 住人の男の送検容疑は、2012年10月〜14年9月ごろの間に報知器の電源を切り、そのまま放置した疑い。社長は、防災管理の責任を負っていたのに、報知器の定期点検などを怠り適切な維持管理をしなかった疑いが持たれている。」時事ドットコムより抜粋

 この火災では法定点検である消防設備点検を怠った管理会社だけではなく、報知器の電源を切ったアパートの住人も書類送検されるに至っております。 お住まいの共同住宅で火災報知器が作動した場合は自身の判断で、受信機の電源を切るなどの対処はせず、管理会社等の責任者に対応してもらう必要がありそうです。
 それ以前に年2回の法定点検を実施するのはもちろんのことですが...

■消防設備点検・工事、防火対象物点検、建築設備点検は消防テクノスへ

 和歌山・大阪府南部へおうかがいします


 ホームページ http://www.shoubo-technos.co.jp/
posted by 消防テクノス株式会社 at 17:46 | 和歌山 ☀ | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福岡市博多区整形外科火災の概要

平成25年10月11日 総務省消防庁予防課からの福岡市博多区整形外科火災の概要です。

1 出火日時等
出火時刻:平成25 年10 月11 日(確認中)
覚知時刻:平成25 年10 月11 日2 時22 分
鎮圧時刻:平成25 年10 月11 日3 時39 分
鎮火時刻:平成25 年10 月11 日4 時56 分

2 建物概要等
建物名称:安部整形外科
敷地面積290.85 u、建築面積203.59 u、延べ面積665.87 u
住 所:福岡県福岡市博多区住吉五丁目29-13
建物構造:RC 造・耐火構造、地上4階・地下1階建て
消防用設備等:消火器具、屋内消火栓設備(任意設置)、自動火災報知設備、避難器具、誘導灯
防火管理の状況:防火管理者選任、消防計画作成及び避難訓練実施済み
※第3報において防火管理者未選任としていたものは、確認の結果選任されていたことが判明
着工年月日:(確認中)
最終査察:平成25 年6月7日

3 焼損程度 焼損面積415 u

4 死傷者等 死 者 10 名  負傷者 5人(重症4人、中等症1人)

5 消防機関等の活動状況
(1) 消防本部等の対応  消防本部34台  消防団 3台
(2) 消防庁の対応
10 月11 日(金)3 時40 分 福岡市消防局から第1報受領
消防庁予防課において予防課長を長とする災害対策室を設置し、情報収集を実施中
10 月11 日(金)4 時55 分 福岡市消防局へ確認済
10 月11 日(金)5 時18 分 福岡市消防局から第2報受領
10 月11 日(金)6 時18 分 福岡市消防局から第3報受領
10 月11 日(金)7 時40 分 福岡市消防局から第4報受領
10 月11 日(金)8 時00 分 現地調査のため消防庁職員2名及び消防研究センター職
員5名を派遣(消防法第35 条の3の2の規定に基づく消防庁長官の火災原因調査)
10 月11 日(金)9 時10 分 福岡市消防局から第5報受領

6 火災原因 調査中      以上


■消防設備点検・工事、防火対象物点検、建築設備点検は消防テクノスへ
 ホームページ http://www.shoubo-technos.co.jp/
posted by 消防テクノス株式会社 at 13:52 | 和歌山 ☁ | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福岡市整形外科病院火災の記者会見

福岡市博多区の整形外科病院の火災発生後、当該病院の院長による記者会見が2013年(平成25年)10月11日に行われました。


その記者会見の中で院長は

「自分 患者さんを殺しました」 http://youtu.be/kvqrhVaO9bk

と発言していました。


命を預かるはずの医師の口から出たその言葉に、たいへんショックを覚えました...

同時に火災の怖さも改めて痛感させられました。


火災を消火する、火災の拡大を防ぐ、火災を知らせる..そういった役割のある消防設備を保守・点検する業者として、今まで以上に真摯に業務に向かい合っていかなければならないと感じています。



■消防設備点検・工事、防火対象物点検、建築設備点検は消防テクノスへ
 ホームページ http://www.shoubo-technos.co.jp/
posted by 消防テクノス株式会社 at 21:08 | 和歌山 ☔ | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福岡の整形外科病院で防火扉(防火戸)作動せず

2013年(平成25年)10月11日の福岡市博多区の整形外科火災について、火災延焼原因が明らかにされています。 その一つが防火扉の不作動で多くの箇所で扉が閉鎖しなかったようです。


防火扉(防火戸)
boukado-1.jpg

防火扉には
・普段は開いた状態で煙感知器に連動して扉が閉鎖するもの
・普段は開いた状態で温度ヒューズなどが設けられ、火災の熱によってこのヒューズ(金属)が溶けることで扉が閉鎖するもの などがあります。


防火扉(防火戸)は正常に作動しますか?

防火扉(防火戸)前に雑品は置かれていませんか?
(植木鉢、椅子、机、傘立てなど)


防火扉(防火戸)の作動点検は実施されていますか?



 街中を歩いていてもビルなどで防火扉の前に作動の支障になりそうな雑品が置かれているのを目にすることがあります。 当社でも病院やビル、マンションなどで防火扉(防火戸)や防火シャッターの定期点検を行っているので職業上すごく気になります。

 防火扉(防火戸)前の雑品の撤去は直ぐに実行できることですので、早急に撤去お願いします。

 当社でも防火扉点検、防火シャッター点検など防排煙制御設備全般の定期点検(防火扉作動試験、外観点検など)もおこなっております。
病院、ビル、マンションなど建物を問わず数多く行っておりますので、これらの設備に関して疑問や気になることがございましたら遠慮なくご相談下さい。


■消防設備点検・工事、防火対象物点検、建築設備点検は消防テクノスへ
 和歌山・大阪府南部へおうかがいします


 ホームページ http://www.shoubo-technos.co.jp/
posted by 消防テクノス株式会社 at 19:26 | 和歌山 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福岡市博多区の整形外科病院で火災

小規模医療施設特別査察始める

和歌山市消防局


■2013年(平成25年)10月12日の朝日新聞・和歌山版記事より

「福岡市博多区の整形外科で起きた10人が死亡する火災を受けて、和歌山市消防局は11日から、市内にある比較的小規模な病院や医療施設に対する特別査察を始めた。立入の検査を通じ、防火体制の不備などがあった場合、その場で管理者側に指導をしていく。
 和歌山市消防局によると、市内には372の病院や診療所があり、このうちスプリンクラーがない施設で入院が出来る施設は52ある。査察の対象になったのはこの52施設で、火災報知機の通信状況や防火扉の作動状況を消防署員らが確認する。
 この日は、病院施設(小人町南ノ丁)への特別査察が報道陣に公開された。査察での確認事項は約10項目に上るといい、5階の窓際にあった地上に降りるための避難器具について、避難器具の直上のサッシの枠が一部粘着テープで固定されていたため、避難行動に影響が出るとして、消防局職員が病院側にテープを取り除くよう指導していた。」


 今回の火災では、防火扉が閉まらなかったことや夜間マニュアルの不備等が指摘されているようです。 この火災を機に、どちらの事業所様も今一度、消防計画やマニュアル等を再確認し消防設備定期点検等での不備事項がある場合は早急に改善して頂けたらと願います。

消防設備点検・工事防火対象物定期点検建築設備点検は消防テクノスへ
 ホームページ http://www.shoubo-technos.co.jp/
posted by 消防テクノス株式会社 at 08:24 | 和歌山 ☀ | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和歌山県湯浅町で雑居ビル火災

和歌山市の消防設備業者、消防テクノス株式会社です。

2010年3月22日午後11時10分頃、和歌山県湯浅町湯浅の雑居ビルで火災があり、出火したスナック約100平方メートルが焼けたとのことです。


■2010年3月24日(水)朝日新聞朝刊記事より

「湯浅町湯浅で22日午後11時10分ごろ、鉄筋コンクリート4階建ての雑居ビル「有田ビル」2階のスナック「あま美」付近から出火、同店約100平方メートルが焼けた。けが人はなかった。湯浅署によると、スナック経営者の女性(72)が閉店後、店内の更衣室で休憩中に「パン」という音を聞き、店内に火の手が上がっていることに気づいた。出火当時、ビル内にはこの女性1人だけだったという」


新聞記事からは、火災報知器や消火器など消防設備の設置や消防設備点検報告の有無についてはわかりませんが、けが人が無かったことは幸いです。

雑居ビルについては、新宿歌舞伎町で発生した雑居ビル火災をふまえて自動火災報知設備設置義務が強化・拡大されています。防火対象物定期点検報告が必要となる場合もございますので雑居ビルのオーナー様やビルの関係者様はご注意下さい。

消防テクノスでは、雑居ビルの消防設備について消防設備点検や消防設備工事など業務全般を承っています。和歌山や大阪南部で消防署立ち入り検査で不備事項をしてきされていたり、建物の改修をお考えのお客様はお気軽に当社にご相談下さい。


■和歌山と南大阪の消防設備点検・消防設備工事は和歌山市の消防テクノス株式会社におまかせ下さい!消防機器・防災設備・防災用品も良心価格で販売しております。

消防テクノスホームページ
http://www.shoubo-technos.co.jp/
消防設備に関する情報満載です!

※当社にご相談頂ければ消防設備に関する費用・料金に関して納得いただけるお答えができると思います。


※消防テクノスなら業務経験と所有資格が豊富だから安心です!
当社所有資格:消防設備士−甲種特類,甲種1類〜5類,乙種6類,7類,電気工事士,管工事施工管理技士,危険物取扱者,防火対象物点検資格者,消防設備点検資格者(第一種),消防設備点検資格者(第二種),甲種防火管理者,高所作業車運転技能ほか


※消防テクノスは、和歌山市を中心に岩出市・紀の川市・かつらぎ町・橋本市・海南市など和歌山県内各地や大阪南部で消防設備点検や消防設備工事を行っております。消防設備のことで疑問・質問がございましたら、お気軽に当社へ御相談下さい。
posted by 消防テクノス株式会社 at 10:19 | 和歌山 ☔ | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

札幌市グループホーム「みらい とんでん」火災

和歌山市の消防設備業者、消防テクノス株式会社です。

2010年3月13日未明、札幌市グループホーム「みらい とんでん」で火災が発生しました。14日現在、火災の原因については居間のストーブから洗濯物に引火した可能性があると言われています。

テレビニュースで報じられていましたが、このグループホームでは2005年の運営以来、消防設備点検が一度も実施されていなかったようで、義務である年1回の所轄消防署への報告も一度もされていないと言うことでした。


消防設備点検は年2回の実施が義務づけられています


消防設備点検結果報告書は年1回、消防署へ提出しなければなりません
(特定防火対象物の場合)



また、消防法で義務付けられている事業所の防火対策の基となる消防計画についても提出義務等において不備があったとも言われています。14日現在、施設の安全管理体制に問題があったとして札幌の本社など家宅捜査する方針のようです。

今回の事故を機に、もう一度消防設備に関する不備、改善すべき事項がないかを各企業様・事業所様も御確認いただきたいと思います。

消防設備・防火対策に関する制度にはなじみが少なく把握しきれない事項も多々あると思いますので、これらに関する疑問・質問がございましたら所轄消防署もしくは和歌山・大阪南部のお客様でしたら当社にご相談いただきたいと思います。


■和歌山と南大阪の消防設備点検・消防設備工事は和歌山市の消防テクノス株式会社におまかせ下さい!消防機器・防災設備・防災用品も良心価格で販売しております。

消防テクノスホームページ
http://www.shoubo-technos.co.jp/
消防設備に関する情報満載です!

※当社にご相談頂ければ消防設備に関する費用・料金に関して納得いただけるお答えができると思います。


※消防テクノスなら業務経験と所有資格が豊富だから安心です!
当社所有資格:消防設備士−甲種特類,甲種1類〜5類,乙種6類,7類,電気工事士,管工事施工管理技士,危険物取扱者,防火対象物点検資格者,消防設備点検資格者(第一種),消防設備点検資格者(第二種),甲種防火管理者,高所作業車運転技能ほか


※消防テクノスは、和歌山市を中心に岩出市・紀の川市・かつらぎ町・橋本市・海南市など和歌山県内各地や大阪南部で消防設備点検や消防設備工事を行っております。消防設備のことで疑問・質問がございましたら、お気軽に当社へ御相談下さい。
posted by 消防テクノス株式会社 at 16:06 | 和歌山 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京都高円寺の居酒屋火災

和歌山市の消防設備業者、消防テクノス株式会社です。

平成21年11月22日午前9時15分頃、東京都杉並区高円寺南の「第8東京ビル」2階の居酒屋「石狩亭」で火災が発生し十数人が死傷する惨事が起きました。非常口の扉の前には、座布団が積み重ねられ防火管理についても不適切な点があったようです。

火災の原因として新聞等では「串焼きを焼いていた際、調理器具にたまった油に引火。この火が上部のダクトや壁に付着した油、装飾用の布に燃え移って一気に店内に広がった」と報じられています。火勢についてもたいへん強く、出火後に出入り口から逃げた男性は「2分ほどで炎が店内を包み込んだ。出入り口に客が殺到した」と証言しているそうです。

また、被害が拡大したことと直接関係あるかは調査中のようですが、非常口の扉の前には、座布団が積み重ねられ、ずさんな防火管理、経営者や従業員の防火意識の低さが見受けられます。

新宿歌舞伎町の教訓はいったい....

ここ数年、雑居ビルのような小さい規模の建物でありながら死傷者が多数でる火災事故が多いことはとても残念です。避難経路の確保等がされていない状態などのずさんな防火管理の話を耳にすると数年前に起きた新宿歌舞伎町の雑居ビルなどの火災の教訓がまったく生きていないように思います。本当に残念なことです...

あくまでも個人的な意見ですが、建物を利用する人、利用される人の防火意識を高めるためにも「表示制度」が重要なことの一つだと思います。消防設備を適切に維持管理している建物については、安心して利用できる『証(あかし)』を利用者のもっとも目につきやすいところに表示します。

実は、現在も「防火セイフティマーク(防火基準点検済証、防火優良認定証)」や「自主点検報告表示制度」などこれらに類する制度は存在しますが、周知徹底されていないためこれらの表示を見たことがないと言う人も多いと思います。


防火優良認定証 [防火優良認定証]

防火基準点検済証 [防火基準点検済証]

防火自主点検済証 [防火自主点検済証]


今は建物が防火上優良か優良で無いか、一般の建物利用者が判断するのはかなり困難なことだと思います。事故が起きて初めてそれが発覚するといった感じです。

この表示制度を義務化し啓発活動を長期にわたり強化していけば、建物を利用する人も表示を基準に自己防衛することが可能になると思います。

 「防火優良の表示がないから、防火管理上の不備がある建物だ」

 「防火優良の表示がない建物・店舗であるから利用を控えよう」


ということにつながり防火管理上安全な建物を利用者が選択できるようになると思います。また、建物のオーナーや店舗の経営者・従業員の方々も、減収減益の要因の一つになり形式上ではなく、本質的な防火管理の意識・危機感も生まれるのではないでしょうか。

もちろん一つの対策で絶大な効果のあるものはなかなか無いでしょうし、一消防設備業者が考えるように簡単には今回のような痛ましい事故を減らすことはできないかも知れません。しかし、どのような制度・対策も適切な消防設備点検・消防設備工事の実施無しには実現しないと思いますので、今までの事故を常に教訓とし忘れず、消防設備業務にあたりたいと思います。


■和歌山と南大阪の消防設備点検・消防設備工事は和歌山市の消防テクノス株式会社におまかせ下さい!消防機器・防災設備・防災用品も良心価格で販売しております。
 http://www.shoubo-technos.co.jp/

※当社にご相談頂ければ消防設備に関する費用・料金に関して納得いただけるお答えができると思います。

※消防テクノスは、和歌山市を中心に岩出市・紀の川市・かつらぎ町・橋本市・海南市など和歌山県内各地で消防点検や消防設備工事を行っております。和歌山市外のお客様も消防設備のことで疑問・質問がございましたら、お気軽に当社へ御相談下さい。
posted by 消防テクノス株式会社 at 18:30 | 和歌山 ☀ | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

消防設備業務研修会(平成21年11月)

和歌山市の消防設備業者、消防テクノス株式会社です。

当社が所属している協会の消防設備保守業務に関する業務研修会に行ってまいりました。

■平成21年 消防設備保守業務研修会
 開催日:平成21年11月18日(水)
 場 所:プラザホープ4階ホールB(和歌山市北出島一丁目5番47号)
 研修内容及び講師:
 (1)最近の消防関係法令の改正等について 
    和歌山市消防局予防課 講師様
 (2)安全安心な社会構築をめざして
    財団法人 日本消防設備安全センター 講師様

近年、火災事例等にあわせて消防法も頻繁に改正されています。
『十年一昔』と言いますが、10年ぐらい前と比べるとずいぶん改正頻度が高くなっているように感じます。生活様式や社会環境が多種多様化し消防法令も対応に悪戦苦闘しているといったところでしょうか。

消防設備業者として消防設備点検や工事を御依頼いただいているお客様の消防設備を適切に維持管理するためにもいち早く消防法の改正点を把握しておくことは必要不可欠なことです。

全ての改正点について情報収集し把握するのはとてもたいへんなことですが、今回の業務研修会では日々予防業務を行われている和歌山市消防局の方などから、近年の消防法改正点についてわかりやすく解説いただきとても有意義な研修会となりました。

お客様の消防設備に関するお悩みを一つでも多く解決できるように、消防法改正に対応していくよう努めますのでお気軽に御相談ください。


■和歌山と南大阪の消防設備点検・消防設備工事は和歌山市の消防テクノス株式会社におまかせ下さい!消防機器・防災設備・防災用品も良心価格で販売しております。
 http://www.shoubo-technos.co.jp/

※当社にご相談頂ければ消防設備に関する費用・料金に関して納得いただけるお答えができると思います。

※消防テクノスは、和歌山市を中心に岩出市・紀の川市・かつらぎ町・橋本市・海南市など和歌山県内各地で消防点検や消防設備工事を行っております。和歌山市外のお客様も消防設備のことで疑問・質問がございましたら、お気軽に当社へ御相談下さい。
posted by 消防テクノス株式会社 at 17:05 | 和歌山 ☀ | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和歌山市内豪雨で感知器誤作動

和歌山市の消防設備業者、消防テクノス株式会社です。

2009年11月11日未明、近畿南部を中心に雷を伴った大雨が降りました。
和歌山市内では11日午前3時〜4時の1時間の降水量が119.5ミリに達し、観測開始以来最高を記録したそうです。

私自身もこの時間帯は雷や雨、防災無線や緊急車両の音が気なり寝付けませんでした。あまりにも騒がしいので外に出てみると道と側溝の境目がなく、まさに川のようになっていました。テレビのニュースでしか見ることのない風景が目の前に広がり唖然となりました。自然の怖さをつくづく痛感します...

夜が明け、この日も朝から消防設備の点検が入っていたのですが、和歌山市内の道路も豪雨の被害による通行止めが多いようで至る所大渋滞です。

台風や豪雨に見舞われると交通機関が麻痺するなどのトラブルが多発しますが、消防設備においても感知器の誤作動や非常ベルの鳴動、警報発生などのトラブルがつきものです。案の定、消防点検の最中にも数件電話がありました。

午前中の消防設備点検終了後、受信機が発報し続けているという店舗物件に行ってみると1回路火災状態が続いていました。大雨の時は、感知器内に水が入り配線がショート(短絡)し発報状態になるという誤作動が多く、この状態になると受信機の復旧ボタンを押しても復旧することはなく火災と同じ状態が続きます。

発報している回路の場所へ行き、感知器を一つ一つ外していくと、その内の1個に大量の水が入っていました。この感知器を外して受信機の復旧ボタンを押すと正常な状態に戻りました。この物件の後も大量の雨水が消火水槽に入り込み、満水警報が出るなどのトラブルがありました。

今回幸いにもトラブルがなかった事業所様やマンション管理組合様も、今後このような状況がいつきても慌てないように、普段から誤作動時の対応方法や警報発報時の対応方法をこの機会に確認していただきたいと思います。

特に火災報知機については、ここ最近の受信機は以前の受信機のようにベル停止ボタンを押すなどの操作をしても、数分後にはベル停止が強制解除され再び非常ベルが鳴動する『再鳴動機能』を備えています。非常ベルが鳴り続けていては営業に支障がでる場合もあると思いますので、保守点検先の業者との連携等についてもご確認ください。


消防テクノスでは、消防設備点検を御契約いただいている事業所様やマンション管理組合様にて誤作動のトラブルが発生した場合、できる限り早急に対応させていただいております。不備箇所がある場合の改修についても行いますので、和歌山・大阪南部のお客様はお気軽に当社にお問い合わせください。


■和歌山と南大阪の消防設備点検・消防設備工事は和歌山市の消防テクノス株式会社におまかせ下さい!消防機器・防災用品も良心価格で販売しております。
 http://www.shoubo-technos.co.jp/

※当社にご相談頂ければ消防設備に関する費用・料金に関して納得いただけるお答えができると思います。

※消防テクノスは、和歌山市を中心に岩出市・紀の川市・かつらぎ町・橋本市・海南市など和歌山県内各地で消防点検や消防設備工事を行っております。和歌山市外のお客様も消防設備のことで疑問・質問がございましたら、お気軽に当社へ御相談下さい。
posted by 消防テクノス株式会社 at 17:37 | 和歌山 ☁ | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成21年度消防設備士講習会(和歌山)

和歌山市の消防設備業者、消防テクノス株式会社です。

平成21年10月1日(木)和歌山市の『和歌山県民文化会館』で行われた平成21年度消防設備士講習会に行ってまいりました。

消防設備の工事や整備を行うには、消防設備士試験に合格し免状の交付を受けなければなりませんが、この免状ははじめて交付を受けた日から2年以内または、講習を受けた日から5年以内に必ず講習を受講することと消防法で定められています。(講習は免状の類ごとに「警報設備」「消火設備」「避難器具・消火器」の3つに分けられています)

今回は、前回の講習から5年が経った「警報設備」の講習を受講しました。受講期限内に受講しない場合は消防法令違反として行政措置の対象となります。 消防法違反となっては業務に支障をきたすので一大事です...消防設備士免状をお持ちの皆様もお忘れにならないようにお願いします。


■平成21年度消防設備士講習会時間割

 09:00〜09:30 受 付
 09:30〜12:00 消防用設備等関係法令
        講師:那賀消防組合消防本部より
 13:00〜17:00 消防用設備等の工事・整備等に関する事項
        講師:社団法人 日本火災報知機工業会より

消防設備士講習用テキスト(警報設備)
消防設備士講習用テキスト(警報設備)


講習は朝から夕方までの丸一日...受講された和歌山の消防設備士の皆様、お疲れ様でした!

免状を維持するには時間も費用(講習区分毎に7千円)もかかりますが、講習では近年の消防法改正についての注意点などが講師の先生からわかりやすく説明いただき有意義なものとなりました。お客様からのお問い合わせに的確な回答ができるように、講習でもらったテキストで復習しておきたいと思います。


■和歌山と南大阪の消防設備業務は和歌山市の消防テクノス株式会社におまかせ下さい!消防機器・防災用品は全国発送いたします。
 http://www.shoubo-technos.co.jp/

※当社にご相談頂ければ消防設備に関する費用・料金に関して納得いただけるお答えができると思います。
posted by 消防テクノス株式会社 at 07:02 | 和歌山 ☔ | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪パチンコ店の放火による火災

和歌山市の消防設備業者、消防テクノス株式会社です。

ニュースでも大きく報じられていますが、2009年7月5日(日)午後4時15ごろ大阪市此花区の雑居ビル1階にあるパチンコ店で放火による火災が発生しました。

近年、店舗火災により複数の死傷者が出る事例が多く発生しています。


■複数の死者が出た最近の店舗火災
(2009年7月6日の朝日新聞記事より)

2000年3月
神戸・テレクラビル放火による火災
3階建て雑居ビルのテレホンクラブに火炎瓶が投げ込まれ、2、3階部分約100uが全焼。客4人が死亡。

2001年5月
青森・武富士弘前支店放火による火災
3階建て雑居ビル3階の消費者金融「武富士」弘前支店に、男が押し入りガソリンをまいて放火。約100uの店が全焼し、従業員5人が死亡した。

2001年9月
東京・歌舞伎町ビル火災
4階建ての雑居ビルから出火し、延べ500uのうち約160uが焼け、44人が死亡。

2001年10月
東京・歌舞伎町ビル火災
6階建て雑居ビルから出火、5階の風俗エステ店約50uが焼けて2人が死亡。

2007年1月
兵庫・宝塚カラオケボックス火災
調理場から出火し、2階建ての店舗の1階部分97uが焼け、2階にいた客3人が死亡。

2008年10月
大阪・個室ビデオ店放火による火災
7階建ての雑居ビル1階の個室ビデオ店内で客の男が荷物に放火。店舗約220uのうち約40uが焼け、16人が死亡した。男は後に容疑を否認。


以上のように多くの小規模建物で火災が起きていますが、雑居ビル火災で特に目立つのが『放火』です。建物火災全体の原因としても『放火』の割合はかなり高いようですが、特に雑居ビルに関しては目立っているような気がします。

放火にガソリンや灯油などが使われた場合、火勢が強く消火器や消火栓など建物に設置されている消火設備では消火が困難となる場合が多くあると思います。消防法令を改正して消防設備の設置義務を強化・拡大することももちろん大切ですが、今後は『防災』と『防犯』の両側から見た安全対策が必要となってくるのではないでしょうか。


■和歌山と南大阪の消防設備点検・消防設備工事は和歌山市の消防テクノス株式会社におまかせ下さい!消防機器・防災用品も良心価格で販売しております。
 http://www.shoubo-technos.co.jp/

※当社にご相談頂ければ消防設備に関する費用・料金に関して納得いただけるお答えができると思います。

※消防テクノスは、和歌山市を中心に岩出市・紀の川市・かつらぎ町・橋本市・海南市など和歌山県内各地で消防点検や消防設備工事を行っております。和歌山市外のお客様も消防設備のことで疑問・質問がございましたら、お気軽に当社へ御相談下さい。
posted by 消防テクノス株式会社 at 07:42 | 和歌山 ☔ | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和歌山市内整備工場の心地よいサービス

和歌山市の消防設備業者、消防テクノス株式会社です。

消防設備点検や工事に使用している自動車調子が悪く、近所(和歌山市)の整備工場へ車を持って行きました。車検や修理でこの整備工場をいつも利用しているのですが、いつも心地よいサービスを提供していただき、清々しい気持ちで帰社することができます。


■整備中の当社作業車
消防テクノス消防点検作業車


ここの整備工場は受付、営業、整備士の方々みさなん愛想がよく、社員教育が行き届いていることが実感できます。それでいてわざとらしさがないんですよね。かつ低料金で点検・修理箇所についての説明も丁寧ですし文句の付け所がありません。どこかの牛丼チェーンのキャッチフレーズじゃありませんが、まさに三拍子そろった会社だと思います。

当社も、職種は違えども同じように点検(メンテナンス)・修理を行うサービス業として見習わなければならないところが多く、整備に行くたびに勉強させていただいています。当社もお客様に心地よいサービスが提供できるように、消防点検や工事で私達作業員が帰った後、お客様が清々しい気持ちになれるように日々丁寧な対応を心がけていきます。


■和歌山と南大阪の消防設備点検・消防設備工事は和歌山市の消防テクノス株式会社におまかせ下さい!消防機器・防災用品も良心価格で販売しております。
 http://www.shoubo-technos.co.jp/

※当社にご相談頂ければ消防設備に関する費用・料金に関して納得いただけるお答えができると思います。

※消防テクノスは、和歌山市を中心に岩出市・紀の川市・かつらぎ町・橋本市・海南市など和歌山県内各地で消防点検や消防設備工事を行っております。和歌山市外のお客様も消防設備のことで疑問・質問がございましたら、お気軽に当社へ御相談下さい。
posted by 消防テクノス株式会社 at 17:48 | 和歌山 ☀ | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

防災学検定

和歌山市の消防設備業者、消防テクノス株式会社です。

2009年1月31日〜2月13日まで、朝日新聞社広告局の企画で防災学検定がウェブ上で実施されています。(検定料は無料)

この防災学検定は、公的資格が得られる検定試験ではありませんが、成績上位者(30問中21問以上正解者)には抽選で記念品がいただけますので、防災意識を高める意味でもチャレンジする価値がありそうです。

■抽選でいただける記念品はこちら

 ・三洋電機株式会社:USB出力付きソーラーライト

 ・イツワ商事株式会社:サイレン、ラジオ、懐中電灯、
  携帯電話充電器、救急箱機能付防災箱「発電機能付緊急BOX」

 ・NHK出版:「12歳からの被災者学〜阪神・淡路大震災に学ぶ78の知恵〜」

 ・岩波ジュニア新書:「これからの防災・減災がわかる本」

 ・神戸ウォーター株式会社:天然水 神戸「布引の水」保存用
  (賞味期限5年)2リットル×6本(キャリーハンドル付き)

 ・天野実業株式会社:「フリーズドライおみそ汁(10食入り)」

 ・株式会社モリタ防災テック:天ぷら油火災専用消火具「消火フラワー」

 ・大塚製薬株式会社:カロリーメイトブロック・チーズ味
  (4本入り)×5箱

当社もスタッフ一同、「消火フラワー」目当てでチャレンジしましたが、なかなか難易度は高いようです(汗..) 住宅用火災警報器についても問題もあり、楽しみながら防災の知識が身に付きますので、皆様もぜひウェブをご覧下さい。

防災学検定のホームページ
http://www.bousaigaku.jp/


■和歌山と南大阪の消防設備点検・消防設備工事は和歌山市の消防テクノス株式会社におまかせ下さい!消防機器・防災用品も良心価格で販売しております。
 http://www.shoubo-technos.co.jp/

※当社にご相談頂ければ消防設備に関する費用・料金に関して納得いただけるお答えができると思います。

※消防テクノスは、和歌山市を中心に岩出市・紀の川市・かつらぎ町・橋本市・海南市など和歌山県内各地で消防点検や消防設備工事を行っております。和歌山市外のお客様も消防設備のことで疑問・質問がございましたら、お気軽に当社へ御相談下さい。
posted by 消防テクノス株式会社 at 17:44 | 和歌山 ☀ | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

消火器ならぬ消臭器

和歌山市の消防設備業者、消防テクノス株式会社です。

和歌山市のドラッグストアで買い物していたら、手のひらサイズの消火器のような物が...

消火器ならぬ消臭器
消火器ならぬ消臭器でした。カワイイですが、さすがにこのサイズではボヤも消せません...ご家庭に1本は本物の消火器をご用意下さい。

■和歌山と南大阪の消防設備業務は和歌山市の消防テクノス株式会社におまかせ下さい!住宅用火災警報器や住宅用消火器も良心価格で販売しております。住宅防火対策にも消防テクノスをご利用下さい。

お問い合わせは当社ホームページから → http://www.shoubo-technos.co.jp/

※当社にご相談頂ければ消防設備に関する費用・料金に関して納得いただけるお答えができると思います。
posted by 消防テクノス株式会社 at 18:25 | 和歌山 ☁ | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

消防設備士再講習(避難設備・消火器)

和歌山市の消防設備業者、消防テクノス株式会社です。

平成20年10月31日(金)和歌山市内の和歌山県勤労福祉会館プラザホープで実施された消防設備士再講習(避難設備・消火器)を受講しました。同日受講された皆様ご苦労様でした!

■和歌山県勤労福祉会館プラザホープ
和歌山県勤労福祉会館プラザホープ
和歌山ビッグホエール隣にある和歌山県勤労福祉会館プラザホープ

〒640-8317 和歌山県和歌山市北出島1丁目5番47号
TEL (073)425-3335  FAX (073)425-3337 

■平成20年度和歌山県消防設備士再講習日程
10月14日(火) 消火設備(1,2,3類) 場所:田辺地域職業訓練センター
10月15日(水) 警報設備(4,7類) 場所:田辺地域職業訓練センター
10月21日(火) 警報設備(4,7類) 場所:プラザホープ
10月22日(水) 警報設備(4,7類) 場所:プラザホープ
10月30日(木) 消火設備(1,2,3類) 場所:プラザホープ
10月31日(金) 避難設備・消火器(5,6類) 場所:プラザホープ

この講習は『消防法第17条の10』の規定により、消防設備士免状所持者に義務付けられている講習で、取得後2年以内、前回受講後5年以内の者に受講が義務付けられています。 消防設備士免状を取得されている方々は、業務の十時の有無に関係なく受講の義務があります。未受講の場合は消防設備士講習受講義務違反となり罰則等を受ける場合がありますのでご注意下さい。

消防設備士試験に関するお問い合せ先
財団法人 和歌山県消防設備保守協会
〒640-8249 和歌山市雑賀屋町52南方ビル3階
TEL 073-402-2657   FAX 073-402-2658

受講した消防設備士講習会では、グループホームなど福祉関係や雑居ビル、カラオケ店・個室ビデオ店等に関する近年に改正された消防法を中心に有意義な話を聞くことができました。消防設備業務を専門とする当社としては日々めまぐるしく変わる消防法に即座に対応できるように心がけて行かなければなりません。

消防テクノスでは、消防法改正に伴う対応策について随時ご相談を受け付けております。お客様の建物の用途、規模に応じた最適なアドバイスができると思いますので、和歌山市周辺地域や大阪南部の事業所様は悩む前に是非当社に御相談下さい。

■和歌山と南大阪の消防設備業務は和歌山市の消防テクノス株式会社におまかせ下さい!消防機器・防災用品も良心価格で販売しております。
 http://www.shoubo-technos.co.jp/

※当社にご相談頂ければ消防設備に関する費用・料金に関して納得いただけるお答えができると思います。
posted by 消防テクノス株式会社 at 10:20 | 和歌山 ☁ | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪市の個室ビデオ店で火災

和歌山市の消防設備業者、消防テクノス株式会社です。
大阪市の個室ビデオ店で放火と思われる火災が発生しました。

[2008年10月1日のニュース]
大阪市浪速区の個室ビデオ店で客が放火、25人が死傷する事件が2008年10月1日に起こり、大阪市消防局は市内の個室ビデオ店やマンガ喫茶(ネットカフェ)など、個室で営業する類似施設345か所の緊急立ち入り検査を始めた。個室ビデオ店は、失業して住居を失った「ネット難民」や終電に乗り遅れたサラリーマンなどに使われることが多く、ネットの掲示板などでは「ネットカフェも恐く不安になった」と訴える人が出ている。」(Yahoo!JAPANニュースより)

新宿歌舞伎町の雑居ビルの火災、兵庫県宝塚市のカラオケボックスの火災が相次いで起こりましたが、今回の火災も前例に類似したもので教訓が生かされていない結果となりました。残念で仕方がありません。

以下、Yahoo!JAPANニュースではこのように記述されています。

■「宿泊施設としての指導、査察が必要だ」

事件は鉄筋7階建ての雑居ビル1階にある「試写室キャッツなんば店」の32ある個室の一つから出火。逃げ遅れた男性客15人が死亡、男性客1人が意識不明の重体。男女9人が重軽傷を負った。一酸化炭素中毒と、火傷によるものだった。店内の通路は幅1.5メートルほどで、その両側に一畳半ほどの広さの個室が並んでいる。客は受付でDVDやビデオなどを借り個室で鑑賞するが、出火時間が午前3時頃のため、客の多くは寝ていたのではないか、と見られている。また、通路が迷路のようになっていて、個室のあるゾーンから外へ出る扉も一箇所しかないため、逃げ遅れた客もいたという。

 放火したのは無職の小川和弘容疑者(46)。警察の調べに対し、

 「生きていくのが嫌になって放火した。他の客が死ぬかもしれないということはわかっていた」

と話している。店のティッシュにライターで火をつけ、自分が持ってきたキャリーバックを燃やしたそうだが、命の危険を感じ自分は逃げたという。この事件の背景について、1日のTBS系ニュース番組「イブニング5」に出演した杉尾秀哉TBS特別解説委員は、個室ビデオ店は「ネットカフェ難民」と同じように失業し、住居を失った人が寝泊りしているケースが多い、などと指摘した。 ジャーナリストの大谷昭宏さんはテレビ朝日の「Jチャンネル」で、マンガ喫茶を含め、こうした店に客が宿泊するのは分かりきった話であり、火災が起きた際の対応を徹底すべきで、「法の不備というより、法が放置した結果がこれだ。本来、宿泊施設としての指導、査察が必要。今後は、深夜2時を越して営業する(個室のある店舗は)宿泊施設とみなせ!」と怒りをあらわにした。

■建物の形態について消防法の規制は殆ど無い

 今回放火があった個室ビデオ店が「マンガ喫茶」(ネットカフェ)と店の作りが酷似していることから、「マンガ喫茶」対する不安も広がっている。ネットのブログや掲示板を検索すると、
  「ネットカフェで寝泊まりしたこと何度かあるけど、ネカフェもこういう火災が起きるかもしれないと思うと怖いな」
  「ネットカフェとかも怖いよな。初めて行った店じゃ真っ暗でどう逃げればいいのか判らんよ」
  「ホテルが満室で仕方がなくネットカフェで泊まろうとおもっているのだけど、この放火の後だからどうしようかと」など不安を訴えるカキコミが多数出ている。

 それならば、客が安心できる店の作りを義務付ければいいはずだが、大阪市消防局は同日開いた記者会見で、「建物の形態については、消防法の規制は殆ど無い」と、店の作りに対し口出しができないのだと説明した。今回の火災では避難経路が一方向しかなく、それも惨事の要因になったわけだが、「二方向避難にする必要性はあるが、消防法的な指導は難しいところがある」などとし、決め手がないことを強調している。
(Yahoo!JAPANニュースより)

消防法では主に建物の用途で消防設備等の設置基準が決められています。新宿歌舞伎町の雑居ビルの火災が起きたときもそうだったように、何か事件が起こると後手後手に消防法が改正されますが、必ずあやふやな部分が残っているような気がします。また、何か事件が起こらない限り消防法が改正されないことに疑問が残ります。

今後は、建物の用途だけではなく構造にも注目し柔軟に対策を取らなければならないでしょう。消防法と建築基準法は似て非なるモノ的な取扱がされていますが、今後はこれらの法律の二本立てで取り締まっていく必要がありそうです。

■和歌山と南大阪の消防設備業務は和歌山市の消防テクノス株式会社におまかせ下さい!消防機器・防災用品も良心価格で販売しております。
 http://www.shoubo-technos.co.jp/

※当社にご相談頂ければ消防設備に関する費用・料金に関して納得いただけるお答えができると思います。
posted by 消防テクノス株式会社 at 21:58 | 和歌山 ☀ | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性スタッフが消防設備士試験合格

和歌山市の消防設備業者、消防テクノス株式会社です。

手前みそではありますが、平成20年8月末に和歌山県で実施された消防設備士試験に当社スタッフのYが見事!合格しました。消防テクノスでは当社をご利用いただいているお客様に少しでも満足いけるサービスをご提供できるように、技術力の向上に努めています。今回の資格取得に付いても、その取り組みの一環であります。

消防設備士試験結果通知書
消防設備士試験結果

今回消防設備士試験に合格したスタッフのYは女性なのですがとても頑張り屋で、忙しい時間の合間を有効に使って、地道に頑張った努力の結果が今回の合格につながったと思います。社会人として仕事をしながらの資格取得はなかなか難しいものです。何かお祝いでもしなければいけませんね。

消防設備業界では現場で活躍する女性スタッフがまだまだ少なく和歌山では、見かけることすら希(マレ)といった状況です。私自身は消防設備という仕事...特に消防点検(メンテナンス)については女性の方が向いていると思うことがしばしばあり、この業界に女性が少ないことをすごく残念に思います。

あくまで私個人の主観的な考えではありますが、女性の細かな気遣いが消防設備の作業、特に消防点検の作業では様々な場面でよい方向に作用するのではと考えています。実際の現場でもそういう場面に直面することが多々あるのです。

この業界の作業員と言えば今も昔も大半が男性です。しかし、お客様の中には賃貸マンションなど共同住宅などもあり、当然この中には女性が一人で住むワンルームマンションなども含まれるわけです。果たして女性の住人さん全てが安心して消防点検を受けられているのでしょうか?安心して点検を受けられる以前にインターホン越しに写る男性作業員を見て、玄関先にも出られない女性の方々がいるのではとさえ思ったりもします。このご時世では身の安全を考えるとあながち間違いでもなさそうです。

消防設備の業界はまだまだ体質の古い部分が多く残されています。諸先輩方から受け継いだ古さの中にも当然よいものは多くありますが、もう少し時代の変化に柔軟に対応する姿勢も必要だと思います。その一つとして女性の方々に対する配慮も含まれているように思われます。

 ・今後女性の方々にもこの業界に目を向けていただけるように
 ・一人でも多くの女性のお客様がサービスに満足いただけるように
 ・一人でも多くの女性作業員が増えるように

これらの女性への配慮が実現できるように、当社Yにもウーマンパワーを炸裂させていただきたいものです。そのためにも会社としては、女性が働きやすい環境を作ることも重要になってきますね。

消防テクノスでは、できる限りの範囲ではありますがお客様の要望にお応えしたいと日々考えています。今まで慣例となっていてあきらめていたことでも解決できることもあります。消防設備に関するお悩み・お困りごとは、ぜひ当社にご相談下さい。

■和歌山と南大阪の消防設備業務は和歌山市の消防テクノス株式会社におまかせ下さい!消防機器・防災用品も良心価格で販売しております。
 http://www.shoubo-technos.co.jp/

※当社にご相談頂ければ消防設備に関する費用・料金に関して納得いただけるお答えができると思います。
posted by 消防テクノス株式会社 at 00:04 | 和歌山 ☁ | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

防火対象物点検資格者再講習

和歌山市の消防設備業者、消防テクノス株式会社です。

平成20年9月25日(木)和歌山市の『和歌山ビッグ愛』で行われた防火対象物点検資格者再講習に行ってまいりました。

防火対象物点検制度は、平成13年9月1日の新宿区歌舞伎町のビル火災を期にスタートしました。一定の防火対象物の管理について権原を有する者(建物の関係者)は、防火対象物点検資格者に防火管理上必要な業務等について点検させ、その結果を消防長又は消防署長に報告しなければなりません。

防火対象物点検の詳細はこちらをご覧下さい
http://www.shoubo-technos.co.jp/boukataisyoubutu.html

防火対象物点検は従来行われている消防設備点検と内容や消防署への報告方法も異なりますので、点検義務に該当される事業所様はご注意下さい。

防火対象物点検資格者再講習は、朝から夕方まで丸一日行われました。消防設備に関する講習は消防設備士再講習をはじめいくつかあるのですが、これらの講習は制度上必要であることはもちろんのこと、消防法の改正点など新しい情報を得る大切な機会でもありますので有意義な一日となりました。

防火対象物点検資格者再講習の時間割

09:20〜09:50 受 付

09:50〜10:00  再講習についての説明

10:00〜11:00  点検概論
イ おおむね過去5年間における防火対象物の点検対象事項に関する消防法令改正の概要
ロ 防火対象物点検資格者の責務
ハ 点検場の一般的留意事項

11:00〜12:00  点検実務
イ 防火対象物の点検上の留意事項
ロ 主要な点検箇所と点検方法
ハ 対処方法

12:00〜12:50  昼 食

12:50〜14:20  点検実務

14:20〜14:30  休 憩

14:30〜16:00  点検実務

消防テクノスでは、消防設備点検防火対象物定期点検など点検業務を低価格かつ誠心誠意対応させていただいております。また、わずらわしい消防署への書類提出などもお引き受け致しますので是非御依頼下さい。

■和歌山と南大阪の消防設備業務は和歌山市の消防テクノス株式会社におまかせ下さい!消防機器・防災用品も良心価格で販売しております。
 http://www.shoubo-technos.co.jp/

※当社にご相談頂ければ消防設備に関する費用・料金に関して納得いただけるお答えができると思います。
posted by 消防テクノス株式会社 at 17:36 | 和歌山 ☁ | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

消防設備点検や工事中の事故に備えて

和歌山市の消防設備業者、消防テクノス株式会社です。

先月が当社の決算月だったので、午前中、東京海上日動の保険屋さんに事務所にきていただき『工事賠償責任保険』と『傷害保険』の年次更新についてお話しさせて頂きました。保険屋さんは同じ和歌山市内の方でその他にも色々お世話になっています。

消防テクノスでは、消防設備点検や消防設備工事などで万が一、他人をケガさせたり、お客様の財産を壊した場合でもそれらを補償できるように、補限度額(お支払いする保険金の最高限度額)5億円の工事賠償責任保険に加入しています。幸いにも未だ保険を適用するような事故等はありませんが、安心してお仕事をお客様から御依頼いただくためにも賠償責任保険は重要なものと当社では考えています。

当然、事故は起こさないに限りますが、自動車事故でも自分自身が気を付けていても起きるべき時はおこったりします。消防設備点検や工事においても作業員自身が最善の注意をはらっていても「猿も木から落ちる」のことわざもあるとおり、完全に事故を防ぐ事はできません。このご時世ですから保険料はかなり厳しい出費ですが、万が一のことを考えると必要経費だと思います。安全第一!信頼第一!です。

賠償責任保険更新とともに、作業中の従業員のケガなどをカバーする傷害保険も更新しました。作業中のケガなど考えたくもありませんが、スタッフ一同が安心して作業に専念するための御守り代わりと思っています。今期一年も事故なく来年も保険を更新できるように作業中の事故には気をつけたいと思っています。

■和歌山と南大阪の消防設備業務は和歌山市の消防テクノス株式会社におまかせ下さい!
 http://www.shoubo-technos.co.jp/

※当社にご相談頂ければ消防設備に関する費用・料金に関して納得いただけるお答えができると思います。
posted by 消防テクノス株式会社 at 16:51 | 和歌山 ☁ | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。