消防テクノスホームページ

消防ホース耐圧試験(大阪府内ホテル)

 大阪府内のホテルで屋内消火栓設備の消防ホース耐圧試験をさせて頂きました。 製造年より10年を経過した屋内消火栓設備、屋外消火栓設備、連結送水管、動力消防ポンプなどで使用されている消防ホースは耐圧試験の実施が消防法で義務づけられています。

 ※10年経過後の耐圧試験後も3年ごとに耐圧試験の実施が必要なので注意が必要です※

 『耐圧試験』と聞くと何か物々しい感じがしますが、耐圧試験機は比較的コンパクトで移動も可能なのでホースが設置されている場所のわずかなスペースで試験を実施することができます。

hotel-taiatu.jpg
消防ホース耐圧試験機

耐圧試験の実施後は、実施の有無がわかるように実施済の表示を貼らせて頂いています。

 今回のホテルでは、各階の屋内消火栓箱前でホースの耐圧試験を実施させて頂きました。
作業の注意点としてホテルを利用するお客様の邪魔にならないように、朝のチェックアウト後からお昼のチェックインまでの時間を中心に作業させて頂きました。

 ホテルの設備担当者様のご協力もあり、スムーズに作業を終える事が出来ました。

 和歌山県、大阪府南部で消火栓ホースの耐圧試験を検討されている事業所様は、ぜひ消防テクノスにご相談ください。

 当社では、自社スタッフが消防ホースの耐圧試験作業をいたしますので、下請け業者、協力業者に任せてしまう業者様に比べ耐圧試験料金も低価格だと思います。 御見積りのご依頼お待ちしております。

■消防設備点検・工事、防火対象物点検は和歌山市の消防テクノスへ
 ホームページ http://www.shoubo-technos.co.jp/


posted by 消防テクノス株式会社 at 20:59 | 和歌山 ☀ | Comment(0) | 消防設備点検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。