消防テクノスホームページ

消火器耐圧試験等の省令改正

和歌山市の消防設備業者、消防テクノス株式会社です。

2011年に消火器耐圧試験等について省令改正等が行われました。
大きく変わったポイントは以下のとおりです。

【改正点1】 消火器耐圧試験義務化
2011年4月1日から、製造後10年を経過した消火器は耐圧性能試験(水圧試験)が必要となりました。製造後10年を経過した消火器がある場合、消火器耐圧試験を行うか、新品に交換するかの対応が必要です。また、耐圧試験を行う場合は、3年毎に実施する必要があります。

ABC粉末4型加圧式消火器.bmp

消防テクノスでは、消火器耐圧試験について、3年毎の耐圧試験と新品交換の費用を比較し、新品に交換することをおすすめしています。
ただし、大型消火器(車載式消火器)の場合、種類によっては耐圧試験を行う方が費用面で新品交換よりもお安くなる場合がありますので、詳しくは当社担当者までご連絡下さい。
(073−479−3777高木まで)


【改正点2】 消火器の型式失効
2011年1月1日から、消火器の表示ラベルの規格が変更になりました。
規格改正により2022年からは旧形式の消火器は設置不可となります。

※型式失効とは、機器の形状等が規格に適合しなくなり、型式承認の効力を失うことを
いいます。型式失効となった消火器は原則的に建物内に設置しておく事ができません。


腐食消火器.jpg
破裂事故の原因となる腐食、変形等のある不良消火器はすみやかに交換が必要です


【改正点3】 リサイクルシール有料化
2011年1月1日から、リサイクルシールが有料となりました。

消火器リサイクルシール


2011年から上記のように消火器について大幅に消防法令等が改正されました。
和歌山県、大阪府南部で消火器の交換等について検討中のお客様は、ぜひ消防テクノスに御相談下さい。御見積り無料で誠心誠意対応させていただきます。


■消防設備点検・工事、防火対象物点検は和歌山市の消防テクノスへ
 ホームページ http://www.shoubo-technos.co.jp/


posted by 消防テクノス株式会社 at 17:32 | 和歌山 ☀ | Comment(0) | 消防法改正・消防庁通達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。