消防テクノスホームページ

和歌山県病院で垂直式救助袋点検(平成21年10月)

和歌山市の消防設備業者、消防テクノス株式会社です。
当社が日々行っている消防点検についてご紹介させていただきます。

和歌山県の病院で消防点検をさせていただきました。
この病院には避難器具(垂直式救助袋)が設置されており、実際に降下して救助袋に縮みや劣化などがないか確認しました。

■消防設備点検詳細
 ・消火器点検
 ・自動火災報知設備点検
 ・消防機関へ通報する火災報知設備点検(火災通報装置点検)
 ・誘導灯設備点検
 ・避難器具(垂直式救助袋)


■垂直式救助袋(入口金具)
救助袋(入口金具)

救助袋を降下地点まで降ろした後、この入口から避難します。


■垂直式救助袋(降下地点・出口)
救助袋(降下地点)

救助袋の出口です。
底部はクッション性があり安全に避難することができます。


消防設備全般に言えることですが、普段使用しないものだけに常日頃から消防訓練等で使用方法を熟知していなければパニック状態の中では有効に使用することができません。
消火器を訓練等で使用された経験のある方々は多いと思いますが、救助袋や避難はしごなどの避難器具を実際に使用した経験のある方は少ないのではないでしょうか?

せっかく高価な消防設備を設置していても、使用方法がわからなければ宝の持ち腐れです。また、間違った使用方法では有効に避難できないどころかたいへんな危険を伴います。
いざと言うときのためにも、今一度避難方法の確認をお願いしたいと思います。

消防テクノスでは、各種避難器具の点検や避難はしご等の販売も行っております。和歌山・南大阪で消防設備点検・工事をお考えのお客様は当社にお気軽に御相談ください。


■和歌山と南大阪の消防設備点検・消防設備工事は和歌山市の消防テクノス株式会社におまかせ下さい!消防機器・防災設備・防災用品も良心価格で販売しております。
 http://www.shoubo-technos.co.jp/

※当社にご相談頂ければ消防設備に関する費用・料金に関して納得いただけるお答えができると思います。

※消防テクノスは、和歌山市を中心に岩出市・紀の川市・かつらぎ町・橋本市・海南市など和歌山県内各地で消防点検や消防設備工事を行っております。和歌山市外のお客様も消防設備のことで疑問・質問がございましたら、お気軽に当社へ御相談下さい。


posted by 消防テクノス株式会社 at 14:32 | 和歌山 ☔ | Comment(0) | 消防設備点検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。