消防テクノスホームページ

消火器破裂事故(H21.9大阪市)

和歌山市の消防設備業者、消防テクノス株式会社です。

2009年9月15日大阪市東成区の駐車場に放置されていた消火器の安全ピンなどを小学生が触っていたところ、消火器が破裂しけがをしました。

■9月16日付け朝日新聞より抜粋

「破裂した消火器はヤマトプロテックが89年に製造した加圧式消火器で、薬剤6キロを含め、総重量は10キロ前後という。同署(大阪市消防局東成署)や大阪市消防局によると、消火器は駐車場の隅に4本まとめて置かれており、誰でも触れる状態だった。
(中略)
消火器の底の部分がさびており、同署は何らかの原因で消火器内の圧力が高まり、もろくなっていた底が抜け、消火器は高さ約2メートルの駐車場のフェンスを越え、約10メートル離れた道路の反対側で見つかった。」

新聞記事にもありますが、消火器は圧力容器ですので腐食や変形があり本来の使用ができない状態にある場合、非常に危険です。大阪市消防局も次のような消火器は使用しないように注意を呼びかけています。


■危険な消火器(使用してはいけない消火器)
 ・底面がさび付いている消火器
 ・本体が変形している消火器
 ・ホースがひび割れしている消火器
 ・安全ピンが外れている消火器 など


今回の破裂事故のように大きく報道されることは少ないですが、劣化した消火器による事故が残念ながら後を絶ちません。

■主な消火器事故(日本消火器工業会などの調べ−同日朝日新聞より)

1996年11月横浜市(被害:1人けが)
事故の状況:消火訓練中に口金が破損

1999年12月東京都(被害:1人けが)
事故の状況:解体中に容器の底が破損

2001年3月名古屋市(被害:1人死亡)
事故の状況:廃棄のための放射中、容器の底が破損

2001年4月北海道帯広市(被害:1人死亡)
事故の状況:野焼きの火を消そうとした際、容器の底が破損

2001年11月福島県いわき市(被害:1人けが)
事故の状況:子供が空き地で遊んでいたところ容器の底が破裂

2006年9月京都市(被害:1人けが)
事故の状況:消火器内の薬剤を下流へ流そうと放射した際、容器の底が破裂

事故の多くは、劣化した消火器や老朽化した消火器による事故で、特に屋外に放置し本体底部が腐食した消火器による事故が多いようです。加圧式消火器はレバーを握ると消火器本体内部にある加圧用ガス容器が解放され瞬時に底部に大きな圧力がかかります。そのため底部が腐食していると使用と同時に底が抜けロケットのように消火器が飛び、火を消すための大切な道具が一瞬にして凶器に変身します。

消火器の事故を防ぐには、腐食・変形・劣化のある消火器を使用しないのはもちろんのこと、屋外に設置する場合は消火器格納箱に保管するなど腐食対策が必要です。
また、消防法では定められていませんが、消火器メーカー各社は

8年をめどに消火器の交換

を呼びかけていますので、定期的な消火器の交換をおすすめします。(消火器の製造年については消火器本体ラベルに記載されています)


■古くなった消火器の廃棄・引き取り処分
古くなった消火器の廃棄は、御購入いただいた販売店に御相談ください。
消防テクノスでも以下のような消火器を廃棄・引き取り処分させていただいております。
 @当社で御購入いただいた消火器で古くなったもの
 A当社で新品消火器ご購入の際に不要になった消火器

古い消火器の交換については当社ホームページも参考ください
http://www.shoubo-technos.co.jp/shoukaki.html


■和歌山と南大阪の消防設備点検・消防設備工事は和歌山市の消防テクノス株式会社におまかせ下さい!消防機器・防災設備・防災用品も良心価格で販売しております。
 http://www.shoubo-technos.co.jp/

※当社にご相談頂ければ消防設備に関する費用・料金に関して納得いただけるお答えができると思います。

※消防テクノスは、和歌山市を中心に岩出市・紀の川市・かつらぎ町・橋本市・海南市など和歌山県内各地で消防点検や消防設備工事を行っております。和歌山市外のお客様も消防設備のことで疑問・質問がございましたら、お気軽に当社へ御相談下さい。


posted by 消防テクノス株式会社 at 05:05 | 和歌山 ☀ | Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。