消防テクノスホームページ

大阪パチンコ店の放火による火災

和歌山市の消防設備業者、消防テクノス株式会社です。

ニュースでも大きく報じられていますが、2009年7月5日(日)午後4時15ごろ大阪市此花区の雑居ビル1階にあるパチンコ店で放火による火災が発生しました。

近年、店舗火災により複数の死傷者が出る事例が多く発生しています。


■複数の死者が出た最近の店舗火災
(2009年7月6日の朝日新聞記事より)

2000年3月
神戸・テレクラビル放火による火災
3階建て雑居ビルのテレホンクラブに火炎瓶が投げ込まれ、2、3階部分約100uが全焼。客4人が死亡。

2001年5月
青森・武富士弘前支店放火による火災
3階建て雑居ビル3階の消費者金融「武富士」弘前支店に、男が押し入りガソリンをまいて放火。約100uの店が全焼し、従業員5人が死亡した。

2001年9月
東京・歌舞伎町ビル火災
4階建ての雑居ビルから出火し、延べ500uのうち約160uが焼け、44人が死亡。

2001年10月
東京・歌舞伎町ビル火災
6階建て雑居ビルから出火、5階の風俗エステ店約50uが焼けて2人が死亡。

2007年1月
兵庫・宝塚カラオケボックス火災
調理場から出火し、2階建ての店舗の1階部分97uが焼け、2階にいた客3人が死亡。

2008年10月
大阪・個室ビデオ店放火による火災
7階建ての雑居ビル1階の個室ビデオ店内で客の男が荷物に放火。店舗約220uのうち約40uが焼け、16人が死亡した。男は後に容疑を否認。


以上のように多くの小規模建物で火災が起きていますが、雑居ビル火災で特に目立つのが『放火』です。建物火災全体の原因としても『放火』の割合はかなり高いようですが、特に雑居ビルに関しては目立っているような気がします。

放火にガソリンや灯油などが使われた場合、火勢が強く消火器や消火栓など建物に設置されている消火設備では消火が困難となる場合が多くあると思います。消防法令を改正して消防設備の設置義務を強化・拡大することももちろん大切ですが、今後は『防災』と『防犯』の両側から見た安全対策が必要となってくるのではないでしょうか。


■和歌山と南大阪の消防設備点検・消防設備工事は和歌山市の消防テクノス株式会社におまかせ下さい!消防機器・防災用品も良心価格で販売しております。
 http://www.shoubo-technos.co.jp/

※当社にご相談頂ければ消防設備に関する費用・料金に関して納得いただけるお答えができると思います。

※消防テクノスは、和歌山市を中心に岩出市・紀の川市・かつらぎ町・橋本市・海南市など和歌山県内各地で消防点検や消防設備工事を行っております。和歌山市外のお客様も消防設備のことで疑問・質問がございましたら、お気軽に当社へ御相談下さい。


posted by 消防テクノス株式会社 at 07:42 | 和歌山 ☔ | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。