消防テクノスホームページ

デイサービスセンターの消防設備点検

和歌山市の消防設備業者、消防テクノス株式会社です。

大阪府阪南市にあるデイサービスセンター消防設備点検をさせていただきました。こちらのデイサービスセンターには自動火災報知設備、誘導灯、消防機関に通報する火災報知設備(火災通報装置)、消火器などの消防設備が設置されています。消防設備点検と一口に言っても「どのような点検をするの?」と疑問を持たれている事業所様も多いと思いますので簡単に消防点検についてご紹介したいと思います。

1.自動火災報知設備点検

・受信機や感知器などの機器を、各種試験器(加熱試験器や加煙試験器)を使い実際に作動させ異常がないかを確認します。(感知器については、ほぼ全ての部屋や押入、浴室等に設置されています)

消防点検(加熱試験)
[加熱試験器による感知器作動試験]

・発信機(押ボタン)を押し、非常ベルが正常に鳴動するかを確認します。
(火災時は継続して鳴動し続けますが、点検時は断続的に鳴動させます)

・赤色表示灯の球が切れていないかを確認します。


2.誘導灯設備点検

・誘導灯パネルの劣化や破損、ランプ切れ等がないかを確認します。

・誘導灯バッテリーの容量を確認します。(誘導灯本体内部には停電時でもランプを点灯させるためのバッテリーが内蔵されています。そのバッテリーの容量についても全ての誘導灯ごとに確認します)


3.消防機関に通報する火災報知設備(火災通報装置)点検

・火災通報装置は直接119番通報をするための消防設備ですが、点検時には模擬試験器を使い、機能的な点検を行います。


4.消火器点検

設置されている全ての消火器について、腐食(サビ)や変形がないかを点検します。
耐用年数の期限を経過している消火器がないかどうかも全ての消火器について確認します。

消防設備点検後、所轄消防署へ提出する『消防用設備点検結果報告書』を作成しお客様にお届けいたします。また、不備事項が確認された場合は早期に不備を是正して頂けるように報告書と合わせて『御見積書』も提出させて頂きます。

当社では消防点検と消防設備の修理や工事を一括して承っておりますので、別の業者に発注するわずらわしさや手間がかかりません。点検と修理・工事を一括して行うことで見積りのための再調査などの必要がなく、無駄な費用も発生しませんので分離発注する場合よりもコストダウンすることができると思います。

消防テクノスでは、お客様の大切な消防設備を消防設備士等の有資格者が誠心誠意点検させていただきます。和歌山市周辺地域や大阪南部の事業所様で消防設備点検について疑問・質問がございましたらお気軽に当社に御相談下さい。業務経験豊富な有資格者が対応させていただきます。また、現在他業者様と保守点検のご契約をされているお客様につきましても御見積りさせて頂きますので、ご遠慮なく当社にご依頼下さい。

■和歌山と南大阪の消防設備業務は和歌山市の消防テクノス株式会社におまかせ下さい!消防機器・防災用品も良心価格で販売しております。
 http://www.shoubo-technos.co.jp/

※当社にご相談頂ければ消防設備に関する費用・料金に関して納得いただけるお答えができると思います。


posted by 消防テクノス株式会社 at 09:50 | 和歌山 ☀ | Comment(0) | 消防設備点検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。