消防テクノスホームページ

住宅用火災警報器が火災を防いだ日

和歌山市の消防設備業者、消防テクノス株式会社です。

以前親戚のおばさんに久々に会ったところ、開口一番「住宅用の警報器役にたったわぁ〜」ですって...よくよく聞いてみると、なにやら「ピー♪ピー♪ピー♪」鳴るので音の出所を探したところ台所の方で、最近付けた住宅用火災警報器(煙式)が警報音を発していたそうです。

警報器が作動したのは、誤作動ではなくコンロに掛けて煮物をしていた鍋が焦げていたとのこと。今では笑い話にもなりますが危うくボヤになるところです。大事にいたらなくってよかった〜。

それにしても、こんな話を聞くと改めて火災警報器の大切さを感じます。親戚のおばさん宅は寝室以外にも心配だからと台所に煙式の警報器を取り付けていたのですが、これが功を奏した結果になりました。誤作動を恐れず煙式の警報器を取り付けていたおばさんの勝利ってところでしょう。

台所に熱式警報器の取付を条例で義務づけている市町村はありますが、煙式については寝室や階段等にしか義務づけられていません。しかし、火災の早期発見の観点からいけば台所に煙式警報器も有効かも知れませんね。誤作動が起きやすいのも事実ですが、家庭内のことですから誤作動に対してさほど神経質になることもないでしょう。それよりも早期発見が優先です。

既存住宅にも住宅用火災警報器の取り付け期限がせまってきました!
設置期限間際は警報器の品薄が予想されますのでお早めにお取り付け下さい。

■住宅用火災報知器の取り付け期限
 新築住宅 ・・・ 平成18年6月1日より義務づけられています
 既存住宅 ・・・ 市町村条例により期限が定められています

【和歌山県の取り付け期限】
 平成23年6月1日までに設置しなければなりません。
 和歌山市、海南市、岩出市、紀の川市、橋本市、有田市、田辺市他県内全域

【大阪府の取り付け期限】
 平成23年6月1日までに設置しなければなりません。
 大阪市、阪南市、泉南市、泉佐野市、貝塚市、岸和田市、熊取町他府内全域

【奈良県の取り付け期限】
 平成21年6月1日までに設置しなければなりません。
 奈良市、大和郡山市、生駒市、桜井市、葛城市、五條市、香芝市他県内全域

■和歌山と南大阪の消防設備業務は和歌山市の消防テクノス株式会社におまかせ下さい!
 http://www.shoubo-technos.co.jp/

※当社にご相談頂ければ消防設備に関する費用・料金に関して納得いただけるお答えができると思います。


posted by 消防テクノス株式会社 at 16:50 | 和歌山 ☁ | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。