消防テクノスホームページ

消防設備点検の報告期間

和歌山市の消防設備業者、消防テクノス株式会社です。

消防設備点検は6ヶ月に1回

実施する必要があります


上記のように消防設備点検は6ヶ月ごとに1回、1年に計2回実施することが消防法令により定められていますが、消防設備点検実施した内容を所轄消防署に報告する期間は点検の実施期間と異なります。

消防署への報告の期間は、
   特定防火対象物     1年に1回
  その他の防火対象物  3年に1回

と消防法により定められています。根拠法令は、消防法第17条の3の3に明記されています。

消防署の立ち入り検査で消防設備点検が未実施の場合、消防署より点検を実施しなければならない旨を通告されます。特定防火対象物の場合は「消防設備の点検結果を1年に1回報告しなさい」、その他の防火対象物の場合は「3年に1回報告しなさい」と指摘されることになります。

この消防署の指摘により、消防設備点検の実施期間を1年に1回もしくは3年に1回と勘違いをされるお客様がいますが、冒頭に書いているとおり消防署への報告期間が1年または3年に1回のでも、消防設備点検については6ヶ月に1回実施する必要があります。報告期間と点検実施期間は異なります。

このように消防設備の点検期間が消防署への報告期間と異なるために、消防設備点検の実施回数が消防法令に定められた基準に満たない場合が多々見受けられますのでご注意下さい。

和歌山や大阪のお客様で消防設備点検について疑問がありましたら、あれこれと悩まれる前にまず消防テクノスへ御相談下さい。消防設備士資格を持つ担当者が消防設備の疑問に誠心誠意対応させていただきます。

■和歌山と南大阪の消防設備業務は和歌山市の消防テクノス株式会社におまかせ下さい!
 http://www.shoubo-technos.co.jp/

※当社にご相談頂ければ消防設備に関する費用・料金に関して納得いただけるお答えができると思います。


posted by 消防テクノス株式会社 at 10:45 | 和歌山 ☁ | Comment(0) | お悩み・疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。